ここでは医療行為ではない、がんのリスク遺伝子検査について説明します。

 「がん」について

がんは国民病ともいわれ、昭和56年からずっと日本人の死因第1位です。

厚生労働省からもがんについての様々なレポートが出され、がん対策に取り組んでいます。

つまり国としてがん対策に取り組んでいるといえます。

がんについては

①予防・早期発見

②医療

③共生

この三段階での対策、対応がとられています。

世界国際機関によれば、【約40%のがんは予防できる】とされています。

予防についてどうしたらいいのか、これは自分でも簡単に詳しく検査して知ることができます。

医療機関にいかなくても検査できるというのはかなり心理的なハードルが低いですよね。

なにを検査するのか

遺伝子を検査することで、あなたの体質を知ることができます。

遺伝子はどんな病気になりやすいか、どんな傾向にあるのか分かります。

がんのリスクに特化した遺伝子検査キットでは、様々なあなたのがんのリスクについて知ることができます。

また検査結果による生活習慣のアドバイスや、専門家からの健康へのサポートを受けることができます。

いつ・どこで・どのように検査するのか

検査キットを使い、遺伝子は生涯変わらないので、【いつでも好きな時】に【自宅】で【唾液や粘膜を採取する】ことで検査ができます。

採取した唾液や粘膜を検査会社に郵送して、数週間で検査結果が届きます。

がんのリスクが高い場合、必ずその病気になる?

医療行為でのがん検査ではないため、必ず病気になるというわけではありません。

がんのリスクが高いと分かるので、予防のために食事や運動、生活習慣を変えるきっかけになります。

早くから検査して、結果を知ることでがんのリスクに備えることができます。

がんのリスクを下げるためには?

①禁煙

②節酒

③食生活の見直し

④適度な運動

⑤適正体重の維持

このような行動ががんリスクをさげるといわれています。

具体的にどのようにしたらいいのか、わかりづらいですよね。

専門家のアドバイスやサポートがあると効果的に行動できるでしょう。

まとめ

がんのリスクを遺伝子検査することで、がんについて備えることができます!

健康のためにも、早期にがんの遺伝子検査をして、自分に合った、健康的な生活をしましょう。

医療によるがん検査と自分でできるがん検査キットの結果を合わせて使い、がんにならない、なりにくい、健康的な行動をとりましょう。


おすすめの記事