みなさんは遺伝子検査というものをご存知ですか?

年々遺伝子検査をする人が増えてきています。

実はこの遺伝子検査、自分の体質がどんなものなのかがわかるだけでなく、ダイエットする上でも非常に役立つんです。

この記事では、遺伝子検査とはどんなものなのかダイエットでどんな役割をするのかを解説しています。

ぜひみなさんも1度遺伝子検査を受けてみてはどうでしょうか。ためになりますよ。

遺伝子とは何か

遺伝子を例えると、図書館です。

図書館にある本がさまざまな体の組織となります。

構成は、DNAの塩基配列が螺旋状に並び、アデニン・チミン・シトシン・グアニンの4種ががそれぞれ対になって配列しています。

また遺伝子には1本の染色体(片方は母親からもう片方は父親から受け継いだもの)には数百から数千の遺伝子が含まれています。

この染色体ですが、数百から数千の遺伝子が含まれています。

遺伝子に決定される特徴を形質と呼び、多くを遺伝子によって決定されます。

形質には、遺伝子として受け継がれた異常遺伝子や、新たな変異に応じて識別される異常遺伝子に由来するものがあります。

遺伝子検査とは何か

遺伝子検査の特徴その1
アレルギーがわかる

遺伝子検査の特徴その2
体質がわかる

遺伝子検査の特徴その3
性質がわかる

遺伝子検査の特徴その4
性格がわかる

遺伝子検査の特徴その5
どうやってダイエットしたらいいか参考になる

遺伝子検査とダイエットの関係とは

ダイエットするにあたり、まず知るべきことがあります。

それは、「肥満遺伝子」です。

食べる量を減らしても、運動しても痩せない...この悩みをまっさきに解決するのが、自分の肥満体質を知ることなんです。

ひとりひとり持っている遺伝子は少なくとも違いがあり、食べて太りやすい食べ物や脂肪のつきやすい部位もそれぞれ異なります。

肥満関連遺伝子を知ることで、自分が何に気づいて大事なことは何かに気づくきっかけになります。

まとめ

遺伝子検査は、なんでも見抜かれてしまうので少し恥ずかしい気もしますが
そこが、遺伝子検査のすごいところなんですよね。

この記事では、遺伝子検査とはどんなものなのか、ダイエットとの関係はどんなところにあるのかを紹介してきました。

いかがでしたでしょうか。

遺伝子検査してみたくなりませんでしたか?個人的な意見ですが、今年中に1度遺伝子検査を受けてみたいと思いました。

そして、大の苦手なダイエットの参考にしたいと思いました。

おすすめの記事